アルボード2014A3-(2)

DSCN0005 DSCN0003

 

先日の続きです。

試作品の2番目です。

一番目の試作の時に、少し重たいという指摘が有り、少しでも軽くするために穴をあけました。

また2か所ある小さめの穴は、縦横どちらでも使い分けができるように開けた、フック用の穴です。

表から見た姿(アクリル面)と、裏から見た姿(ポリ合板)が違うのはフックの形状を考慮し、取り付けた時に壁との隙間をなくす工夫です。

2番目の試作に上がった問題点としては、ポップを入れようとすると、アルボード2014A3を壁から取り外さないと入れ替えが出来ない為、その点を改良しなければ、ならなくなったことです。

続く・・・

カテゴリー: インテリアデザイン, 仕事のお話   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>